身体のデトックスをテーマにするのに、夏は最適なシーズンです。
夏になると、私たちは自然と食が細くなり、活力が落ちます。このピッタの季節の熱がアグニ(消化の火)、つまり内在的な火を増加させ、
私たちの心身に蓄積される毒素を取り除く助けになります。
アーユルヴェーダは、疾患、病気、疲労や情緒的悩みの根源は、ストレスや消化不良、排泄の停滞、毒物の露出や衰えた代謝のいずれか、
またはこれらすべてを原因として、心身に形成された毒物であると説いています。このアーマ(未消化物)と呼ばれる物質は、
粘り気のある白い物質で(朝起きてすぐに舌を観察してみると白く苔が生えたように見えます。)簡単に身体から取り除くことができます。
まず、最初の一歩は、周囲の環境から取り込まれたありとあらゆる形の情報を効率よく処理し、消化するために、体の全系統の能力を強化することです。
私たちが、飲んだり食べたりする物だけではなく、感情、事実、そして思想にまで及びます。

どこから始めるか?

身体の動きや、呼吸法であるヨガを手始めとするのは、素晴らしいことです。なぜなら、私たちの身体(肉体)そのものが、実在している明確な部分だからです。
私たちがヨガの訓練を深めるにつれて、ただ単に身体を動かし呼吸する、つまりヨガやアーサナ(姿勢)の域を通り越して、
私たちの身体の素晴らしい進化をより強化させたいと思うことでしょう。

下記に、身体をすみずみまで浄化する手始めとして、いくつかの簡単な方法をあげておきます。
すでにご存知のものや、また目新しいものもいくつかあるでしょうが、すべて言及するに値するものです。

それらは:

・ヘルシーダイエット:できるだけ生に近い、新鮮なオーガニック食品を食べましょう(火を通しすぎたものや、缶詰、たっぷりの油で揚げたものや加工食品は、避けましょう)。
私たちは、新鮮な果物や、旬の野菜がプラーナ、つまり生命力を最も持っているのを知っています。アーユルヴェーダではこの性質をサットヴァと呼んでいます。
さぁ、今が収穫期です、絶好の機会をのがす手はありません!

・毎日少なくともコップ8杯の純水を飲みます。
(アーユルヴェーダの栄養学者Maureen Shortt,MAは体重の2分の1をヴァータとピッタに飲むよう奨励しています!)

・冷たい食べ物や、特に食事中の冷たい飲み物を避けましょう(または減らしましょう)。

・乳製品を減らしましょう。

・動物性食品を減らしましょう。

・毎日、瞑想しましょう。

・体の器官から毒素を取り除くのを助ける、例えば舌クリーナーのネティポットなどのクレンジング製品を続けて使いましょう。

注:このWELLNESS NOTEは、スンダリUSA本社が発信しているアーユルヴェーダの一般的知識やアドヴァイスなどの英文を日本語訳したものであり、
日本国内における医療、美容とは一切関係がありません。