ニームの木(学名:Melia Azadirachta)は、インド亜大陸由来で現在では世界中の50以上の熱帯諸国の乾燥地域で育っています。
現代の科学はこの植物の様々な部分から殺虫性、抗線虫性、抗カビ性、抗菌性、抗炎症性、抗腫瘍性、その他の効能がある何百もの活性物質を発見しました。
これらの効能は農薬、医療、健康管理や美容等の分野において世界的に適用されています。
ニームの木はインドの田舎の生活には不可欠なものでした。ニームは昆虫を撃退し、その木陰は人々の自然な集会所となりました。太陽からの熱を遮り、
涼しい日陰を与えながら、木は子供達に甘く熟した果実を与えます。環境的観点からは、ニームは大気中の酸素のレベルを保つ自然の空気清浄器として知られています。
何世紀もの間、インドの人々は彼らの家の周辺にこの木を植えてきました。この木は肥料や殺虫剤の原料となる種、葉、樹皮を提供し、木々の間を吹くそよ風は、
家を涼しく保ち害虫から守ります。ニームの厳しい熱や水質汚染と戦う力はよく知られています。また、土壌を肥沃にし劣化した荒地の修復を助けます。
アーユルヴェーダにおいてニームの使用は長い歴史を持っています。女性達はハーブ美容の一部として伝統的にニームの癒しの効力を何世紀もの間使用してきました。
ニームの葉の煎じ汁での入浴は肌をしなやかで健康に保ちます。ニームの葉の粉でのパックは、肌を柔らかくしアンチエイジング作用もあります。
ニームの葉からの抽出エキスの殺菌作用は、ニキビのコントロールを助けます。伝統医療への認識の高まりとともにニームの効用についての認識が飛躍的に深まっています。
SUNDÃRIは西洋で初めてニームを使用した草分けです。ニームの抽出エキスはSUNDÃRIのヒーリングラインの多数の製品に使用されています。
(オンラインショップをチェック!)
*この文章はスンダリUS本社が、アーユルヴェーダの知識について記したものを忠実に日本語訳したものであり、
美容の効能効果を唱っているものではありません。また,日本国内における化粧品の効能効果とは一切関係ありません。